NAS

FreeNASのWake On Lan対応化

iOSでもSMBがマウントできるので、外出先からNASを起動できたら便利だと考え、NASをWake On Lan対応させたので、その記録である。Wake On Lan 対応には対応するマザーボード、BIOS、NICカードがまず必要になるので、自分のマシンが対応しているか、まず確認してほしい。私の環境はHPのProLiant MicroServerN54LでNICは標準搭載のもの、OSはFreeBSD11をベースにしたFreeNAS11.2U8である。Wake On Lan対応させるためのおおよその流れは以下

  • HW対応の確認
  • IF対応の確認
  • IFのMagic Packet対応化
  • OSへのオプション設定追加

1.HW対応の確認

こちらは普通に製品を確認するしかない、例えばこちらのNICにはWake on Lanに対応の記述がある。

2.IF対応の確認

OSを起動してコンソールから以下のコマンドを実行してみる。capabilitiesとoptionsともにwolに関する記述(以下であればWOL_MAGIC)の有無を確認する。表示がない場合は対応ドライバーへの更新が必要

# ifconfig -m
options=527bb<RXCSUM,TXCSUM,VLAN_MTU,VLAN_HWTAGGING,JUMBO_MTU,VLAN_HWCSUM,TSO4,TSO6,LRO,WOL_MAGIC,VLAN_HWFILTER,VLAN_HWTSO>    capabilities=527bb<RXCSUM,TXCSUM,VLAN_MTU,VLAN_HWTAGGING,JUMBO_MTU,VLAN_HWCSUM,TSO4,TSO6,LRO,WOL_MAGIC,VLAN_HWFILTER,VLAN_HWTSO>

3.IFのMagic Packet対応化

手順2でWOLが表示されなかった場合は対応ドライバに更新する必要がある。FreeBSDの場合標準では対応しておらず、以下のサイトで配布されていた、bgeドライバを使用した 解凍したif_bge.koを/boot/kernel/配下に設置して読み込みの設定を行う。

$cp ./if_bge.ko /boot/kernel/
$vi /boot/loader.conf
if_bge_load="YES" #追記

4.OSへのオプション設定追加

最後にOSのコンフィグ画面からOptionを設定する FreeNAS11.2の場合 Network / Interfaces /Edit 配下の Optionsに以下の設定を追加

以上で準備は完了である。iOSのWOLクライアントやmacosのWOLクライアントからmacアドレスを指定して起動できたら対応完了である。出先からの起動は少しコツが必要だったので別記事で記載する。

投稿を作成しました 103

コメントを残す

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。