docker logsのタイムゾーンを変更する

たまに外部から攻撃されるので、NGINXのログを確認しているのですが、さすがにUTCではログが見ずらい。タイムゾーンの変更をどうやるのかな?と思ったら簡単でした。docker-composeの環境変数設定(environment)にTZを設定するだけ。

lb:
 image: nginx
 restart: always
 ports:
  - 80:80
  - 443:443
 environment:
  TZ: Asia/Tokyo
 volumes:
 - ./lb/config/nginx:/etc/nginx
 - /etc/letsencrypt:/etc/letsencrypt
 - ./lb/webroot:/usr/share/nginx/html

コンテナのリビルドが必要なので、私はdocker-compose rmして再度upしてしまいましたが、無事に変更されたようです。

$ sudo docker logs --tail 1 docker_lb_1
1.222.33.44 - - [05/Jun/2020:15:11:23 +0900] "POST /wp-cron.php?doing_wp_cron=1591337482.7495319843292236328125 HTTP/1.1" 200 0 "https://karakunphoto.com/wp-cron.php?doing_wp_cron=1591337482.7495319843292236328125" "WordPress/5.4.1; https://karakunphoto.com" "-"

今思ったらログの保存は永続化されていない。いつか考えよう。

投稿を作成しました 95

コメントを残す

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。