お家DNS1分で立てたら快適になった

自宅に1台でもサーバーがある方、外から名前解決されるIPアドレスとローカルアドレスが違ったり、いちいちログインするのにIPアドレス記入するのめんどくさくないでしょうか?かといって、本格的なDNSサーバー立てるのもめんどくさいということで、超カンタンにDNSサーバー立てたら快適になったので、その作業のメモです。なおDocker使って立てようとしたら、Ubuntu内蔵のDNSのサービスと競合してめんどくさかったので、サーバーに直入れしています。

Ubuntu20.04.3

$sudo apt install dnsmasq
$sudo vi /etc/dnsmasq.conf

no-hosts #/etc/hosts ファイルを使わない
addn-hosts=/etc/dnsmasq-hosts #hostsファイルとして追加
dhcp-range=192.168.2.100,192.168.2.254,255.255.255.0,24h #dhcpによるIPアドレス付与
dhcp-option=option:router,192.168.2.1 #dhcp付与時にrouterアドレスを指定
log-queries #ログの保存
log-dhcp #dhcpログの保存
log-facility=/var/log/dnsmasq/dnsmasq.log #logの場所

$sudo vi /etc/dnsmasq-hosts

192.168.2.6 karakunphoto.com #名前解決の設定

$sudo systemctl restart dnsmasq

なお、iPhoneなどにも同様に適用してかったため、このタイミングでレンタルルータのdhcp機能を停止して、dnsmasqによる付与を行っています。このときにDNSサーバーのアドレスとして、本サーバのアドレスも通知されます。

こんなに快適になるなら、早くやればよかった・・・皆様も快適なお家サーバーライフをお過ごしください。

投稿を作成しました 110

コメントを残す

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。