AWS EC2インスタンス SWAP設定まとめ

可能な限りパブリッククラウドを節約して利用したい。そんな場合に一番のネックになるのはメモリ量だと思います。流石に少なすぎるとエラーがでて動かないアプリケーションがあるため、Ubuntu18.04におけるSWAP設定をまとめます。

SWAPの作成

以下のコマンドでスワップの作成と永続化が行えます。Amazonの公式ドキュメントを参考にしました。

$sudo su - 
$dd if=/dev/zero of=/swapfile bs=128M count=32 
$chmod 600 /swapfile 
$mkswap /swapfile 
$swapon /swapfile 
$swapon -s 
$echo "/swapfile swap swap defaults 0 0" >> /etc/fstab

SWAP利用の割合をチューニングしておく

別記事に書きましたが、EC2インスタンスからのディスク読み書きが遅いため、SWAP優先ではなく、可能な限り物理メモリを優先する設定に変更します。

#現在の設定を確認
$ sudo sysctl vm.swappiness
vm.swappiness = 60

#設定を変更する
$ sudo sysctl vm.swappiness=10
vm.swappiness = 10

変更された設定を確認
$ sudo sysctl vm.swappiness
vm.swappiness = 10

#定常的に変更を行いたい場合
$ sudo vi /etc/sysctl.conf
vm.swappiness = 10 #追記

#設定を読み込み
$ sudo sysctl -p
vm.swappiness = 10

設定を確認
$ sudo sysctl vm.swappiness
vm.swappiness = 10

以上で完成です。

投稿を作成しました 103

AWS EC2インスタンス SWAP設定まとめ” に1件のコメント

コメントを残す

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。