Jail環境での自動起動設定

以前構築したMinecraftサーバーをJail起動時に自動起動させたいと考えたのですが、ちょっと苦労したのでメモしておきます。

rc.localが動かない

BSD系であれば、rc.localを使うことを考えると思いますが、Jail環境ではrc.localが使えないようです、理由は深く調べていませんがあくまでrc.dはサーバーが起動時に使うスクリプトなのかもしれません。

rc.d内にスクリプトを作成する

結論としてはrc.d内にスクリプトを作成し、それをrc.confより起動させるという方法が必要でした。作成したものは以下の通り

#起動用スクリプト
root@mine:/ # cat /etc/rc.d/mine
!/bin/sh
. /etc/rc.subr
name=mine
rcvar=${name}_enable
start_cmd="${name}_start"
stop_cmd=":"
load_rc_config $name
mine_start()
{
nohup /root/niniharu/boot.sh &
nohup /root/ore/boot.sh &
}
run_rc_command "$1"

#動作確認
root@mine:/ # service mine start

#/etc/rc.confに以下を追加
mine_enable="YES"
#boot.shは以下
!/bin/sh
cd /root/ore/
/usr/local/bin/java -Xmx1024M -Xms1024M -jar server.jar nogui
投稿を作成しました 95

コメントを残す

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。