HOLGAレンズ ブラックコーナエフェクターを取り外してみる

前回ニコンのFマウント用のHOLGAレンズを試しましたが、なにせ暗い。確かに周辺光量落ちや、ケラレは得られましたが、少し過剰な演出であり。欲しいのはプラスチックレンズのチープな写りなので、いっそブラックコーナエフェクターを外してみることにしました。

All Photos-4207
HOLGAレンズはプラスドライバー一本で分解出来ます。

All Photos-4208
ネジが外れたらフォーカスを近景の方向に回して行きます。

All Photos-4209
こんな形で2つに分かれます。

All Photos-4211
この真ん中にあるのがブラックコーナエフェクター めちゃくちゃ小さい穴があります。

フィルターが内側からぐっと押したら取れるかな?と思っていたのですが、あれ??全然取れない。というかブラスチックのペーパーの様な感じで、弾力があります。

そこで仕方なく、カッター差し込んでぎりぎりぎり。結局分解しなくてよかったって話・・・
All Photos-4212

All Photos-4213
おー!やっと剥がれました。後は周りの接着剤を綺麗に剥ぎ取って完成です。

さて、早速試写!は次回の更新にします。


ニコンFマウント用 HOLGAレンズ

投稿を作成しました 103

HOLGAレンズ ブラックコーナエフェクターを取り外してみる” に1件のコメント

コメントを残す

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。